インテリア用語の解説

TOP     設計デザイン実績    アイアン装飾ミラー    ドライヤーホルダー    装飾金物    ワゴン     配送料について     特定商取引に基づく表示    会社概要    お問い合わせ    プライバシーポリシー

インテリア用語辞典 塗装と仕上げ編

素材    塗装や仕上げ    木材    照明    構造    水廻り設備     ガラス     歴史や様式    その他

 

UV塗装(ユーブイトソウ)

ウルトラバイオレットの略。紫外線硬化塗装ともいう。塗料の中に光と反応しやすい物質が入っており、紫外線を当てると数秒で塗膜が硬化する。普通より硬いので傷がつきにくく耐薬品性も高い。

エナメル塗装(エナメルトソウ)

素材表面が見えない不透明塗装。

エポキシ樹脂塗装

(エポキシジュシトソウ)

エポキシ樹脂を原料とした合成樹脂塗料。塗膜は硬く密着性がよく、耐磨耗性、耐薬品性にも優れる。コンクリートや金属に使用される。

オイルステン(オイルステン)

油溶性の塗料をボイル油、乾性油に溶かしたもののこと。木材の着色剤やワニスやクリヤラッカーの下塗りにも使われる。防虫・腐食防止の薬品等は入っていない。木材の風合の良さを生かしたい場合などに使用する。

オイルフィニッシュ

(オイルフィニッシュ)

亜麻仁油や油性ワニスを木材に浸透させる塗装方法のこと。木材表面に塗装膜を作らないので木材の風合の良さを生かしたい場合などに使用する。オイル塗装またはオイル仕上げとも言う。

オレフィンシート(オレフィンシート)

エチレン系炭化水素の重合体(ポリオレフィン)を使用した化粧シートのこと。燃やしてもダイオキシンが発生しにくい。合板やボードなどに貼って使われる。

カシュー塗料(カシュートリョウ)

塗膜外観や性能が漆塗装によく似ている塗装。漆のような硬さや光沢はないが、乾燥し易く現場で塗ることができる。耐候性は良くない。

キシラデコール(キシラデコール)

ドイツで開発された木材用防虫・防腐保護着色塗料のこと。木材に深く浸透するので内部より木材を保護し、塗膜をつくらないのでひび割れしないのが特徴。また、塗装した木材は水をはじき、木材を長時間保護する効果がある

コテバケ(コテバケ)

広い面積のペンキを一気に塗るための道具のこと。平らな面に塗るのに適していて、ハケ目もなくきれいに滑らかに仕上がるのが特徴。

サテン仕上げ(サテンシアゲ)

金属の表面仕上げ加工の一種で、金属の表面にサテン生地のような筋目を不連続でつけるつや消しの仕上げのこと。

ソープフィニッシュ

(ソープフィニッシュ)

木部に石鹸水を塗り込み自然な風合いを活かした塗装仕上げ。汚れた場合には、洗浄や研磨することができる。北欧でチェアの仕上げに使われることの多い仕上げ方法。

ハケ(ハケ)

柄の先に毛を束ねそろえて植え込んだ平たい筆のような道具のこと。塗料や液体を塗ったり、粉・ほこりなどを払ったりするのに用いる。

フェノール樹脂塗装

(フェノールジュシトソウ)

熱硬化プラスチックの一つ。耐熱性、耐水性、耐磨耗性に優れ、電気絶縁性も良いが、アルカリに弱く、着色に制限がある。

 

プリント紙化粧

(プリントカミケショウ)

紙に木目や抽象柄、単色などが印刷された紙を木材に貼ること。合板なら「プリント紙化粧合板」、MDFなら「プリント化粧繊維板」と呼ぶ。

ポリウレタン樹脂塗装

(ポリウレタンジュシトソウ)

ポピュラーな樹脂塗装。高級感があり、耐久性、耐熱性、耐湯性、耐薬品性、密着性など、全てに優れている。

ポリエステル樹脂塗装

(ポリエステルジュシトソウ)

塗膜が厚く、艶がある塗装。耐候製、耐薬品性などに優れている。

メッキ仕上げ(メッキシアゲ)

素材の表面を他の金属で被覆する金属仕上げのこと。美観や耐腐食性、耐磨耗性を高めることが目的。

メラミン樹脂化粧

(メラミンジュシケショウ)

印刷紙にメラミン樹脂を含浸させ、薄い合板に接着剤を使わず加熱圧縮してつくる。極めて硬質で、耐熱耐薬品性を持つ。会議机やキッチン家具などの カウンター面に使われる他、ドア・床・電化製品等にも用いられる。

ラッカー塗装(ラッカートソウ)

硝化綿(ニトロセルロース)を主材とする透明塗料で、クリアラッカーともいう。木質感を生かした塗装が出来るのが特徴で広く用いられる。塗膜が薄く、短時間で乾燥し、塗り直しや傷の補修がしやすい。塗面にはつやがあり、耐磨耗性、耐油性に優れているが、耐熱性には劣る。

ローラーバケ(ローラーバケ)

塗料を塗る部分が筒状になっている塗装道具のこと。ハンドル部分を持ちローラー部分を転がして塗る。広い面や凹凸のある面の塗装に向く。受け皿とセットで使用する。

ワイピングステイン

(ワイピングステイン)

木目の着色と目止めを兼ね備えた塗料のこと。または、素地に塗り、表面に残ったステインをふき取る着色法のこと。

塩化ビニル樹脂塗装

(エンカビニルジュシトソウ)

塩化ビニル樹脂を主成分に、溶剤と顔料などを加えた塗料。耐水性、耐薬品性に優れ、アルカリにも強いので、モルタルやプラスター表面にも使われる。

柿渋塗り(カキシブヌリ)

渋柿の果汁を搾り発酵させた後、数年熟成した液を刷毛や布で塗布し、自然乾燥させる仕上げ方法。塗り重ねることで深みのある色になる。漆の下地や家具、建築塗装などに用いられている。

鏡面仕上げ(キョウメンシアゲ)

表面が鏡のように光沢がある仕上げのこと。高級収納家具やシステムキッチン、洗面化粧台の収納キャビネットの扉などに使用されることが多い。

合成樹脂塗装

(ゴウセイジュシトソウ)

ポリウレタン・ポリエステル・アミノアルキド・アクリル等の合成樹脂で表面を塗装したもの。ポリウレタンが最もポピュラーで、乾燥時間が短く、塗膜が硬い、 艶があるなど性能が優れている。

漆塗装(ウルシトソウ)

漆の木の樹液が主成分の塗装。硬くて、アルカリや油に強く、光沢があり美しいが、耐候性が悪く、手入れに手間が掛かる。

 

素材    塗装や仕上げ    木材    照明    構造    水廻り設備     ガラス     歴史や様式    その他

  

空間設計モノデザイン  〒564-0051 大阪府吹田市豊津町10-26 21センチュリービル5階 TEL06-6318-7661 FAX06-6318-7662  mail@monodesign.org

 

美容室の設計・店舗デザイン/美容器具販売【空間設計モノデザイン】

 

サイト内の文章・画像(配布素材除く)の無断転載及び転用を禁じます。

Copyright (C) 2010 monodesign. All Rights Reserved.